【eFootball2023/2022:初心者ガイド】
ドリームチームの監督・選手を集めよう

目次

チームスタイルを決めよう

試合を繰り返してある程度慣れてきたら、自分の採用するチームスタイルを
  • ポゼッション
  • ショートカウンター
  • ロングカウンター
  • サイドアタック
  • ロングボール
の中から1つ決めましょう。 各選手のチームスタイル適性もタレントポイントを消費して成長させる仕様なので、 1つに絞った方が能力値をより高くすることができます(2つまでならば大きな問題はありません)。 あまり分からない場合は「ショートカウンター」または「サイドアタック」をオススメします。

抽選契約権と指名契約権は全部使おう

抽選契約権と指名契約権は全部使ってしまいましょう。 指名契約権で選べる選手は種類によってレベルの上限が大きく異なります。 特にトレンド選手の場合、一切成長させることができないので自分のチームスタイルの初期適性値を重視する必要があります。


【課金する場合】課金額の目安を決めよう

eFootball2023(旧2022)は無課金でも十分に遊ぶことができます。 もちろん、選手が揃うまでは理不尽に感じる場面もあると思いますが、 仮に強い選手が揃ったとしても、操作に慣れないうちは結局なかなか勝てません。

課金をするとしても急ぐ必要はありませんが、 必ず課金をすると決めているのであれば、 最初に1,000~2,000円程度は使う方が効率良くプレーできます。 課金をする場合はeFootballコインを購入しましょう。

【課金する場合】能力の高い選手を確認しよう

能力の高い選手(トピック/レジェンダリー/ハイライト/フィーチャー/トレンド)を獲得する方法は3つあります。

最初に注意点として、トピックとレジェンダリーはスタンダードで入手不可のうえにLive Update評価の恩恵を受ける選手ですが、 ハイライトとフィーチャーとトレンドはスタンダード選手として存在しているので、 GPで獲得できるうえに能力はスタンダードと同等です。 つまり、トピックとレジェンダリーは「課金=最強を目指す」ですが、 ハイライトとフィーチャーとトレンドは「課金=時短」という意味合いが強くなるので勘違いしないようにしてください。


獲得方法についてですが、1つ目は「契約 > スペシャル選手リスト」のメニューの中にあります。 対象選手は原則として毎週木曜日に入れ替わります。

その中で、最も能力の高いトピック選手を獲得する方法としては、 3人のトピック選手と147人のスタンダード選手(★3~5)の候補から、 eFootballコイン100枚(100~120円)につき1人と契約できるという、いわゆるガチャになります。 特定のトピック選手と契約したい場合、最低は100枚で済みますが、最大では15,000枚(15,000~18,000円分)ものeFootballコインが必要になります。 ハッキリ言ってコスパはあまり良くありません。 自分のチームスタイルやフォーメーションと合う選手が登場するまで、我慢して待った方が良いでしょう。

また、スペシャル選手リストに登場するハイライト・フィーチャー・トレンド選手を獲得するためには、 eFootballコイン・抽選契約権・指名契約権のうちのいずれかが必要になります。内容をしっかりと確認しましょう。

2つ目は「Mission > プレミアムアチーブメント」のメニューの中にある プレミアムアチーブメントを解放することです(eFootballコインは500~2,000枚程度で、内容は様々なので要確認)。

プレミアムアチーブメントの中には選手パックのようなものがあり、 安定して安い金額で済ませるならばオススメです。

3つ目は「Shop > eFootball™ポイント > 選手」の中に候補として挙げられている選手を 5,000eFootballポイントと交換することです。

eFootball2023からはShopにレジェンダリー選手が登場するようになりました(フィーチャー選手もいます)。 尚、Shopの選手は登場から約半年ほど候補として残り続けますので、焦って獲得する必要はありません。


契約候補となる選手をそれぞれ確認したうえで、 自分に合っている選手がいれば課金してみましょう。 トピック選手を狙ったガチャをする場合はその過程でスタンダード選手とも契約できるので、手持ちの選手が一気に増えます。

報酬をすべて受け取ろう

ログインボーナスやイベントクリアなどの報酬は受取箱、 各アチーブメント達成の報酬はそれぞれのメニューから受け取る必要があります。

自分で使えるアイテムとして反映させるために、すべて受け取っておきましょう。

チームスタイルの合う監督と契約しよう

自分で決めたチームスタイルの適性値が高い監督と契約しましょう。 監督との契約で使う「GP」はスタンダード選手との契約でもたくさん使います。 余裕があれば最も適性の高い監督が望ましいですが、安くても大きな問題はありません。 GPを節約する場合、最低適性値の目安は「70」です。

主な監督とチームスタイルについては、下記の記事も参考にしてください。

スタンダード選手と契約して補おう

抽選契約権と指名契約権、そして課金で契約できた選手で ゲームプラン(スタメンとベンチメンバーの組み合わせ)を作成してみましょう。 すると、弱い部分が分かってくると思いますので、 そこをスタンダード選手で補うようにしましょう。

スタンダード選手との契約ではGPを均等に使うよりも、メリハリをつけた方が良いです。 強めの選手は成長させながら長く使えますが、 数万GPの選手は他の選手とすぐに入れ替わることになるので成長が無駄になります。 例えば、40万GPある場合は「4万GPの選手10人」ではなく 「15万GPの選手2人と1万GPの選手8人」との契約をオススメします。


GPが少ない場合は1万GP程度の安い選手でも十分です。 初期の選手からは入れ替えるようにしましょう。

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -