【eFootball2023/2022:初心者ガイド】
チュートリアルで基本操作を覚えよう

目次

チュートリアルは飛ばさない

eFootball2023(旧2022)をインストールしてから起動するとチュートリアルが始まります。 チュートリアルでは、最初にドリブル・パス・シュートなどの基本操作を知ることができます。 eFootball独自の操作方法もありますので、ウイイレをプレーしたことがある人もなるべく飛ばさずに進めていきましょう。

eFootball2023(旧2022)のチュートリアル開始画面
※チュートリアル開始画面はバージョンによって異なります。

操作に不安があればトレーニング

eFootball2023のトップ画面から1番右の「Extras」タブ→「トレーニング」と選択すると様々な操作練習をすることができます。

オフェンスとディフェンス共通で
  • ドリブル(移動)
  • ダッシュ
  • スーパーキャンセル
オフェンスで
  • ショートパス
  • ワンツーパス
  • フライパス
  • スルーパス
  • クロス
  • シュート(キック/ヘディング)
  • キックフェイント
ディフェンスで
  • プレス
  • チームプレス
  • ショルダーチャージ
  • マッチアップ
  • スライディング
  • カーソルチェンジ
の操作方法はすべて重要なので覚えておいてください(デバイスによってアクションの呼び方が違うものもあります)。 他にもテクニックを駆使したドリブルやゴールキーパーの移動などでやや複雑な操作はありますが、使わなくても十分に試合はできるので無理をせず後回しにして問題ありません。

それぞれの操作に割り当てられているボタンは「ゲーム設定」→「コントローラー」からカスタマイズすることも可能です。 変更する場合には早めに済ませておきましょう。
(具体的なボタン名はゲーム機によって異なるので表記しません。)

暫定的にドリームチームの契約をする

チュートリアルでは試合の操作方法に続いて、ドリームチーム(プレーヤーオリジナルのチーム)で使う選手との契約や成長方法まで知ることができます。 eFootballにおいて選手や監督を獲得するための「GP(課金せずにもらえるゲーム内通貨)」は少し稼ぎづらいのですが、 とりあえず5,000~10,000GP程度の選手と契約しましょう。 選手と契約したり、育てたりすることでもどんどんGPはもらえるので、数日も軽くプレーすれば日本代表レベルの選手を揃えることはできます。

eFootball2023(旧2022)の開始時チームプラン一例

監督との契約は20,000~50,000GP程度で十分です。手持ちのGPと相談してください。 監督にはチームスタイルの適性値が設定されています。 過去のウイイレやFIFA等をプレーしていて自分の得意な攻め方が分かっている人はそのスタイルが得意な監督にしてください。 分からない人は「ショートカウンター」をオススメします。 将来的には選手も監督も全員入れ替わりますので、この段階で細かいことは気にしなくて大丈夫です。
さぁ、次はAI(コンピューター)相手の実戦です。

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -