【DQMJ3P】
天魔クァバルナのスキル詳細

スキル一覧リンク

攻略目次


覚える特技一覧

特技
SP
効果
5
敵全体に物理ダメージを与える。
与えるダメージは相手の並び順とサイズによって変わり、Sサイズ4体の場合、並び順の上から、攻撃力の0.23倍、0.13倍、0.06倍、0.03倍のダメージになる。超サイズサイズは4回攻撃が当たり、合計で攻撃力の約0.4倍のダメージになる。 攻撃力でダメージが決まる為、敵の守備力は関係ない。
(超サイズ・青天の霧を除いた強化を含めたダメージ上限値:999)
10
敵1体に特大の火系呪文ダメージを与える。
最小基礎ダメージは171~189。
かしこさが250~999の間でダメージが大きくなり、最大基礎ダメージは361~399になる。
(超サイズ・青天の霧を除いた強化を含めたダメージ上限値:999)
20
味方1体の悪い状態を治す。
但し、「すてみを使用して受けるダメージが2倍になっている状態」、みちづれのワルツ、最大HP・最大MPの減少、敵味方全体に効果が及んでいるシャッフルリバーススキップ・霧の効果や「○○の刻」による能力値減少は治らない。
30
敵全体に特大の闇系呪文ダメージを与える。
最小基礎ダメージは114~126。
かしこさが250~999の間でダメージが大きくなり、最大基礎ダメージは209~231になる。
(超サイズ・青天の霧を除いた強化を含めたダメージ上限値:999)
50
敵1体の良い効果をほとんど打ち消す。
みがわりも解除される。
70
敵全体に特大の爆発系呪文ダメージを与える。
最小基礎ダメージは114~126。
かしこさが250~999の間でダメージが大きくなり、最大基礎ダメージは209~231になる。
(超サイズ・青天の霧を除いた強化を含めたダメージ上限値:720)
110
行動後(複数回の場合は最後)にHPが最大HPの9~10%回復する。
(回復下限値:10、回復上限値:200)
リホイミなどの自動回復効果を得ている場合、その回復量に加算される。
特性で習得することもできるが、(引き継ぐなどした)特性とスキルで両方習得した場合、効果は1つだけ有効となり、回復量が2倍になるということはない。
150
行動後(複数回の場合は最後)にMPが最大MPの9~10%回復する。
(回復下限値:5、回復上限値:100)
特性で習得することもできるが、(引き継ぐなどした)特性とスキルで両方習得した場合、効果は1つだけ有効となり、回復量が2倍になるということはない。
200
敵1体に「通常攻撃の0.2倍×敵と味方が使用した回数」の物理ダメージを与える。
(超サイズ・青天の霧を除いた強化を含めたダメージ上限値:999)
250
1回目は選択した敵1体、その後、3回ランダムに敵1体を選んで(計4回)連続で通常攻撃の約0.4倍の物理ダメージを与える。
(超サイズ・青天の霧を除いた強化を含めたダメージ上限値:250)

スキル「天魔クァバルナ」を初期状態で習得しているモンスター一覧