【DQMJ3P】
メイジドラキーの詳細

モンスター一覧リンク

攻略目次

モンスター「メイジドラキー」の基本情報

位階※ランクサイズ系統
78E魔獣
※配合でプラス値によってランクが上がった場合は位階が変わります。
 Cで207、Aで388、SSで576です。

モンスター「メイジドラキー」の成長上限値

HPMP攻撃守備
1250700700650
素早さ賢さ合計
135014006050
【参考】能力の成長上限値が変化する条件

モンスター「メイジドラキー」が習得する特性一覧

特性
条件
説明
サイズ
行動順が「こうどう はやい」と同じになる。
ダメージのある攻撃を受けた場合に、まれに回避するというメリットはあるが、最大HP・最大MP・攻撃力・守備力・すばやさ・かしこさの上限値がノーマルボディの0.8倍に減るというデメリットがある。
スモールボディノーマルボディメガボディギガボディ超ギガボディのうち複数の特性を同時に習得することはできない。
(取得コスト:0 )
固定
敵の攻撃をかわす確率が2倍になる。
(取得コスト:0 )
 
戦闘開始時に、たまに(対戦時は必ず)発動し、自分に対してインテがかかる。
(取得コスト:5 )
1ラウンドに2回連続で行動でき、命令しても残った行動回数は消えない。
但し、全能力値の上限が下がる。
他特性の「AI ○回行動」と併せて同時に習得することはできない。
(取得コスト:10 )
半分以上HPが残っている場合、ラウンド開始時に、最大HPの1/10のダメージを受けるかわりに、6ラウンドの間、かしこさが1段階上がる。
他特性の「暴走○○」と併せて同時に習得することはできない。
(取得コスト:6 )
自分が呪文攻撃を行うときだけ、相手のすべての耐性を1段階下げる。
但し、耐性が無効・回復・反射の場合は変わらない。
DQMJ3無印と比較して、取得コストが「7」から「6」に減少している。
(取得コスト:6 )
+25以上
通常攻撃で敵にダメージを与えると、自分のレベルの2倍超の自分のMPを回復させる。
(回復上限値:250)
他特性の「○○攻撃」と併せて同時に習得することはできない。
(取得コスト:2 )
+50以上
魔力の暴走が発生する確率が2倍になる。
(取得コスト:4 )
+100以上
行動後(複数回の場合は最後)にMPが最大MPの9~10%回復する。
(回復下限値:5、回復上限値:100)
スキルで習得することもできるが、(引き継ぐなどした)特性とスキルで両方習得した場合、効果は1つだけ有効となり、回復量が2倍になるということはない。
(取得コスト:2 )

特性シミュレーターで様々な組み合わせを試すことができます。

モンスター「メイジドラキー」の合体特技

ベホマ

味方1体を回復する。最小の基礎回復量は950~1050。
かしこさが1500~3999の間で回復量が大きくなり、最終的な基礎回復量は1425~1575になる。

モンスター「メイジドラキー」の合体特性

超みかわしアップ

敵の攻撃をかわしやすくなる。
アンチみかわしアップの影響を受けない。

モンスター「メイジドラキー」の入手方法

位階配合

位階配合によって仲間にすることが可能。

特殊配合

以下の組み合わせの配合によって仲間にすることが可能。

ドラキー × ドルイド

モンスター「メイジドラキー」の種族特有スキル

ねむりの力

特技
SP
効果
2
敵1体に対して、3ラウンドの間、ねむらせる。
最大MP+4
5
最大MP+4
10
20
敵1体のあらゆる耐性を2段階下げる。
但し、「回復」「反射」の場合は無効。
35
敵全体に対して、3ラウンドの間、ねむり効果を与える。
最大MP+8
50
75
ねむりの耐性が2段階上がる。
「激減」「無効」の場合、表示は「無効」となるがバハックなどで耐性が下がらなくなる。

- スポンサーリンク -