eFootball2022からeFootball2023への変更点と試合への影響について


目次

試合外の主な仕様変更

  • チーム・選手・監督の追加&削減。
  • ゲームプランの名称変更や削除機能追加。
  • ベースチーム候補にナショナルチーム追加。
  • ツアーイベントの試合で自チームのAI操作機能追加。
    AI戦イベントをほぼ放置状態で進めることが可能

試合中の主な仕様変更・修正

移動やオフェンス関連

  • 不自然な移動・トラップ・ドリブル・パス・シュート・カーソル変更等の修正。
    →特にスルーパス強化の影響大。
  • ボディコンタクトによるボールキープの成功率UP。
  • フェイント速度における「ドリブル」及び「スタミナの減り」の重要性UP。身長が高くても速度低下しにくくなる。
  • フェイント終了とほぼ同時の即アクションが不可に。
    シュートキャンセル・クロスキャンセルが弱体化
  • 連続フェイントの速度及び精度低下。スタミナ減少量増加。
    連続ダブルタッチが大幅に弱体化
  • トラップ速度に影響するパラメータ変更。瞬発力からボールコントロールへ。身長が高くても速度低下しにくくなる。
  • 真後ろからのプレス等に対してボール保持率UP。
  • 小さく蹴り出したボールのシュート速度UP。
  • コーナーキックの弾道及び精度の調整。強く蹴った際のボール速度減少。
    →ゴールラインぎりぎりを狙った強いキックが大幅に弱体化。
  • オフサイドポジションにいる選手の戻り速度UP。
  • クロスに対してダイレクトシュートを打てる確率UP。
  • インパクトシュートコントロールシュートが不可に。
  • キックフェイントの発動率UP。

ディフェンス関連

  • 不自然なマーク・マッチアップ・ブロック・ショルダーチャージ・ファール判定・ディフェンスライン・クリア・セービング等の修正。
    ディフェンス優位で得点減
  • ディフェンス時の加速力に影響するパラメータ変更。瞬発力からディフェンスセンスへ。

その他不具合修正

  • アプリケーションエラーによる強制終了の対応。
  • 無効試合の判定改善。

変更点を含んだeFootball2023のプレー動画

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -