【eFootball2022】
攻撃パターン別のオススメCF選手

目次

CF選手を選ぶ際に意識すべきこと

ドリームチームでCF(センターフォワード)の選手を選ぶ際には 「周囲の味方とどのように連携して得点するか」という構想が重要です。

CFに共通して求められる能力値は「オフェンスセンス」と「決定力」です(それ以外は後述)。 オフェンス時の反応の速さやシュートの正確性は得点に直結します。


中央突破のカウンターに向いているCF選手

MFやSTからのスルーパスを受けて、CFがシュートを打つ攻撃パターンは、 ウイイレ時代から変わらずにeFootball2022でも強いです。

そして、プレースタイルが「ラインブレイカー」であれば、 裏へ抜ける動きが増えるので、そのチャンスも増えます。 「スピード」や「ドリブル」の能力値が高ければそれに越したことはないですが、 eFootball2022ではDFの反応が遅いので必須ではありません。

スルーパスを受けてからも様々な場面が想定されるので、必要な能力値や欲しいスキルも様々ですが、 基本的には総合値の高い選手であるほど対応しやすくなります。 該当する主な選手は以下の通りです。

ヘディングシュートの精度が高いCF選手

クロスに合わせてヘディングシュートを打つ攻撃パターンは、 得点に繋がる確率こそ低いものの、相手から防がれにくいので数多く狙うことができます。

そして、スキルに「ヘッダー」を持っているうえに、 「ヘディング」の能力値が高いCFであれば、ヘディングシュートが決まる可能性を高めることができます。 該当する主な選手は以下の通りです。


また、高身長かつフィジカルコンタクトの強い選手であれば、 コーナーキックのように競り合いが多い場面でも、 ヘディングシュートを打てる確率が高まります。 上記5選手の中ではエーリング ホーランドが最も当てはまります。

ちなみに、スタンダード選手で最もフィジカルコンタクトの強いCFはロメル ルカクです。
(※ヘッダーのスキルは持っていません。)


コントロールカーブを持っているCF選手

eFootball2022における様々な種類のシュートを実質的な決まりやすさで比較すると、 ファーポストに向けて鋭いカーブをかけたコントロールシュートが最も優秀です。

そのため、関連スキルの「コントロールカーブ(通称:コンカ)」を持っている選手をCFにして コントロールシュートを多めに打つという戦術もあります。 但し、シュートキャンセルやドリブルの切り返しなどでタイミングを外す必要性もあるため、 ボディコントロールの能力値が高かったり、「軸裏ターン」のスキルを持っていたりすることがより望ましいです。 それらに該当する主な選手は以下の通りです。

パスを繋げるのが得意なCF選手

CFでパスを経由してST・OMF・CMFなどを生かす攻撃パターンは、 相手DFが前後に揺さぶられるので相手陣に隙が生まれやすいです。

eFootball2022では、ポストプレーを実現するために「ターゲットマン」というプレースタイルがあり、 ★5のスタンダード選手だとズラタン イブラヒモヴィッチが該当します。 最前線に残って相手CBを背にしながらロングボールを受けるように動いてくれるのですが、 ヘディングのパスで味方へボールを繋ぐことが難しいのでオススメはしません。

ですから、先述の攻撃パターンは「リンクフォワード」の方が実現しやすいでしょう。 CFが少し下がってきてくれるのでグラウンダーのショートパスが通りやすくなります。 該当する主な選手はカリム ベンゼマです。

また、リオネル メッシをCFにしても同様です。 CFにすると「チャンスメイカー」のプレースタイルが無効になるのでMFほど動き回らなくなりますし、 そもそもパスの能力が高いので他の選手へ繋げやすいです。

ちなみに、相手がパスコースを警戒したら、シュートコースが空くかもしれません。 その際にはしっかりとシュートを狙いましょう。


- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -